FXトレードのエピソード

Posted by

FX取引の注意すべき事柄

FX取引で大きく利益が得られる事もありますが、大きな損失を受ける事があります。

大きな損失を受けないために、ロスカット価格を設定しますが、このロスカット価格は、取引参加者が概ね考えている価格なので、しはしば破られて、そして大きな値動きは終息します。

ロスカット価格を設定していなければ、逆に損失は小さくなっていた事があります。ロスカット貧乏と言われる事もあります。

取引が失敗続きの時は、ロスカットばかりされる事があります。

ある程度失敗すると、取引を休む事が大切で、熱くなると、益々失敗を大きくしてしまいます。ただロスカットを設定する事は大切な事です。

失敗を認めず、ロスカット価格も設定しないと、相場が大きく動いた時には、FX取引に必要な資金の中で大きな金額を失ってしまいます。証拠金すら足りなくなって強制的に処理されてしまいます。

FX取引で怖いのはオーバートレーディングと云う資金に比較して、大きな取引を行う事です。

相場の流れの波動が大きい時には、大きな波に巻き込まれ、しかもオーバートレーデングの状態であれば、
波の中に巻き込まれると強制的なロスカットが相次ぎ一瞬で資金を失います。

FX取引のビバレッジ規制が行われ、ビバレッジ倍率が下げられましたので、以前のような損失はありませんが、

それでも大きな損失になります。そうならないためにもロスカットは大切な事ですが、余裕のある取引が一番大切である事は間違いありません。

Comments are disabled